>  > 凄すぎボディの風俗嬢

凄すぎボディの風俗嬢

彼女は本当に「巨乳」という言葉がぴったりの風俗嬢でした。おっぱいが大きいのはもちろんですけど、おっぱいが大きいだけじゃなくてウエストの締まりが凄いんです。だから落差というか、おっぱいの大きさがより強調されている風俗嬢だったんですよね。おっぱいだけではなく全体的に太い子も多いですけど彼女はそうじゃないんです。きっと胸が小さければ彼女はスレンダーボディって称されていたと思いますよ。胸以外は本当に細いんです。足なんて本当に細長いし、股間だって骨が出ているし。こんなボディの風俗嬢を目の前にしたら、いくらそれなりに風俗経験が豊富だとはいえどうしても緊張させられますよ。このボディをどうすれば良いのか…。そんな悩みの中で自分自身、緊張しつつも時間と共に緊張していても仕方ないというか、このボディを思う存分楽しまないのは勿体ないよなってことでかなり楽しいものになってんじゃないかなと思いますね。とにかく最高でしたよ。

ワキの下いじられたいデリヘル嬢に誘われて

自分の性癖を隠すことなく、風俗嬢としては珍しいタイプに相手をしてもらいました。性癖を晒すということは、自分の素を晒すようなものですから、プロほどそういったことにはなりにくいようにも思えます。客の要望に応えて、といった場合が多いはずですから、風俗嬢は自分の性癖は抑えておくことにもなりやすいとも思えるわけです。待ち合わせデリヘルの人で、一緒にホテルに向かう際に、その嬢の性癖の話がでました。何でもワキが感じやすいとの告白で、ちょっと反応にも困りました。驚くほどのものでもないんですが、かと言って珍しいものでもあるわけで。プレイ始まって確かにそれは確認できました。ワキの下をいじられるとウットリ、というもんでしたから。ただ、おかげで珍しい体験できましたから、儲けもんだったような気もします。デリヘル嬢からお願いされてのワキコキが楽しめましたから。意外にも柔らかな感触で、しかもちょっと湿り気もあるので軽い吸い付き感もあるものでした。おまけにそれをされているのをウットリした表情で見詰めていますから、それにも興奮を誘われてしまいました。特にワキフェチでもないんですが、こういうのもアリかなとは思わされました。

[ 2016-10-08 ]

カテゴリ: 風俗体験談