>  > 奢ってもらった良い思い出

奢ってもらった良い思い出

自分の風俗デビューは大学時代でした。その頃、とあるバイトをしていたんですけどそこの先輩が良くしてくれてご飯とかいろいろと奢ってくれたんですよ。それで風俗もお世話になったって話ですね(笑)今思えばかなりありがたい話だなって思いますけどでもその時の快感のおかげで風俗がライフワークになったんですよね。その日のことは今でも鮮明に覚えています。風俗店まで足を運んだ際、こちらは物凄く緊張していたんですよ。ソープだったんですけど、相手の女性がいろいろと気を使ってくれたのを今でも覚えています。そして合体した時の感動です。その時は既に童貞ではありませんでしたけど、恋人とのプレイとは全然違う感覚。締められているのも分かるし、これが風俗なのかって気持ちになりましたね。さすがに今はもうそこまでの感動はありませんけど、それでも可愛い女の子に当たると嬉しい気持ちになるのは基本的に風俗が男の本能を満たすものだからでしょう。

最高な気遣いでした

最初からアクセル全開の女の子が今回のデリヘルでの相手でした。半端じゃないくらいにいやらしい展開をしてくれます。彼女は見た目はいたって普通な女の子なんですが、とにかく恋人かというくらいにイチャイチャしてくれるのがポイント高いと思いました。普通にいやらしいことをしてくれる人は様々なんですが、彼女みたいに風俗嬢が最初から様々なことを思いながら攻めてくれるのは例外です。本当にいやらしく1つ1つを攻めてくれますので、自分の体は最高潮でした。どんどん楽しいよねと言えるうような展開にしてくれました。こちらが受身で基本的に良いように攻めまくってくれましたし、こちらが攻めたいと思った時はしれっと攻められる体制になってくれていましたので、相手のことをちゃんと見ているんだなぁと感心しちゃいましたよ。彼女のデリヘル嬢としてのテクニックも他の風俗嬢と比べても決して悪くないですし、快感スポットを的確に捉えてくれましたのでいうことないと思ったくらいです。

[ 2016-07-02 ]

カテゴリ: 風俗体験談